高校留学する際はしっかりとした目的意識を持って行きましょう

studying abroad

高校留学への積極的な見方

ペンを持つ女性

大学受験を数年後近い将来に控えているという身でありながら高校留学するのは、ギャンブルのようだと思えて遠慮してしまう人たちは少なくありません。確かに高校でどれほど勉強するかで、どこの大学に入れるのかにかなりの程度影響してしまうのは確かですので、その点ではちょっと不利な状況に身を置くことになるという懸念があるのかもしれません。
ですが高校留学は必ずしも不利なのでマイナスであると決めるにはちょっと早過ぎるのかもしれません。というのは高校留学という目標があることで、本人はこれまで以上に頑張る可能性が高いということです。海外に行っている期間に日本での高校の授業を受けることができないのは確かですが、人は不利になると、そのような時の集中力というのは凄いものがあり、それを引き出すことになるかもしれません。結果として日本に帰ってきたときに、遅れてしまった分を取り戻すというやる気、モチベーションにつながっていきます。
また若いときに学んだ生の英語というのは、本人のものとなることが多く、たとえ仮に1年ほど大学に入ることが遅れるようなことがあったとしても、それはあまり大きな問題とはならないに違いありません。むしろ英語ができるということのメリットをいろいろな形で受けることになるでしょう。

おすすめ記事

  • 勉強

    短期高校留学3つのスタイル

    高校留学といっても大きく分けると、「1年以上の長期留学」「1年以内の短期留学」が存在します。そしてさらに言えば短期留学は3つのスタイル…

    »詳しく見る

  • 先生

    高校留学する人たちの動機はいろいろ

    どのような人が高校留学を真剣に考えるようになるのでしょうか。それは基本的には英語などの外国語が大好きであること、そしてそれを習得したい…

    »詳しく見る

  • ペンを持つ女性

    高校留学への積極的な見方

    大学受験を数年後近い将来に控えているという身でありながら高校留学するのは、ギャンブルのようだと思えて遠慮してしまう人たちは少なくありま…

    »詳しく見る

コンテンツ一覧